混雑したバスでのカミング

匿名の
私の名前はナタリーです。私はコパカバーナに住んでいます。私は25歳で、長い黒髪と前髪のあるビーチブルネットです。私は非常にカリオカタイプです:斑点のある脚、大きなお尻、腰!私は中くらいの胸をしていて、とても丸くて直立しています。ああ!そしてもちろん、私はビーチが大好きです…
私の最大の空想の1つは、混雑したバスの中で磨かれることです!それで、私が乾いているとき、私は非常にタイトな服、非常に短いスカート、小さなパンティー、ビキニのマークを見せびらかす「うまくいけば落下する」ブラウスを着て、私は非常に完全な集合バスに乗ります!私は変態、淫乱なので、匂いをかいて引っ掻くだけです…そして、いつ偶然の性交が起こるかはあなたにはわかりません!
その後、午後5時半頃、私はすでに半分が満杯の集合体に登りました。私は少し背の高い少年のそばに立ち止まり、彼を見た。彼はすぐに反応して、上から下に私を乾かしました。我々はさらにいくつかの停留所を通過し、すぐにバスはすでに完全に予約されていましたが、結局、スタッフが仕事を離れる時間でした。ピラニアとしての道を進んでいる賢い男は、私の後ろに現れ続けました。それから、バスの揺れでいっぱいの「ロサロサ」を始めました!そのとき、お尻にくっついている彼のメンバーが成長して、レスポンサマストの大きさになったのを感じました!
彼のペニスはすでに石のように固く、私はそれはすべて美味しかったと思いました!突然、私は彼の大きな手が私の太ももを愛撫するのを感じ、そして彼のパンティーがすぐにずぶぬれになるのを感じました!!!うわー!それが私にどんなに角質を与えたか!バスのブランコで彼は私をこすっていて、そのペニスの大きさをもっとよく理解できました。私は夢中になって、棒が私を満たしていると想像しました、四つん這いで、バスの汚い床で、熱くてみんなの前で二匹の犬のようにクソ彼とすぐにセックスするのはどんなに楽しいことでしょう!いいなぁと思って、想像していたそのシーンはどんどん濡れてきました。
彼の手は私のお尻に行き、おいしいピンチを与えました…ゆっくりと、彼は私の小さなパンティーを横に置き、私の興奮に既に浸っていた滑らかで剃られたオマンコにすべてを指で突き刺しました…私は目をとても熱くしました!彼は往復運動を始め、私の足はぐらついていました。その中で、彼は私の耳の中で汚いものをささやき始めました、そして私を同時に女と熱い女の子と呼びました!クレイジー!!!オナニーしやすいように尻を突っ込んだのですが、濡れすぎて指が出し入れしやすいので必要ないかもしれません。
2本の指が私を侵しているのを感じた後、彼の親指が私のお尻に入って、それも点滅していた…その時、私は私たちのふしだらなことに気づいたように見えた私たちの前に座っている女性についても知りたくなかった。そのクラブを開催していたとき、私は少年を彼のショーツの上に慎み深く突き刺し始めました。うわー!バスは満員だったので時間通りに来て、誰かがシーンを見ても気にしませんでした!でも彼も来たと思います!!!彼が私が来るのを見た後、彼は私の指を私から外して吸い、私の味は美味しくて、私は彼を味わう必要があると言った。私のオマンコが再びドキドキするのを感じました、その巨根を私に満たしてもらいたいという欲望に夢中になりました…
さらに汚いルックスを交換したところ、彼はすぐに降りてきました。私はさらに数ポイント下がって、オーガズムに達したことに満足しましたが、本物のコックを自分の中に欲しがっていました。私は通りを渡ってバス停に行き、家に帰る途中に誰かを見つけてバスに再び乗らせてくれることを期待しました!

Deixe um comentário

Preencha os seus dados abaixo ou clique em um ícone para log in:

Logotipo do WordPress.com

Você está comentando utilizando sua conta WordPress.com. Sair /  Alterar )

Foto do Google

Você está comentando utilizando sua conta Google. Sair /  Alterar )

Imagem do Twitter

Você está comentando utilizando sua conta Twitter. Sair /  Alterar )

Foto do Facebook

Você está comentando utilizando sua conta Facebook. Sair /  Alterar )

Conectando a %s